メディア掲載情報 – 株式会社ユーエイ

メディア掲載情報

年別アーカイブ

製品ニュース

  • 2018-11-20(伝導機新聞2018年11月号 13面掲載)

    韓国・智徳産業と提携 AGVキャスターなど販売

    ユーエイ(代表取締役社長雄島耕太氏)は、韓国のキャスターメーカーである智徳産業と業務提携しFOOTMASTERブランド製品の輸入販売を開始した。 主な取扱製品としては、AGV/無人搬送車(Automated Guide Vehicle)向けの「AGVキャスター」と、キャスターとアジャスター機能を一体化した「レベリングキャスター」のラインアップを取り揃えた。 製造業の生産ラインでは、労働力不足、...

  • 2018-11-01(月刊マテリアルフロー 2018年11月号 141ページ掲載)

    ユーエイ、智徳産業と業務提携しAGVキャスター販売

    (株)ユーエイは10月11日、韓国キャスターメーカーの智徳産業と業務提携し、FOOTMASTERブランド製品の輸入販売を開始したと発表した。 今回の主な取扱製品として、AGV(無人搬送車)向けの「AGVキャスター」と、キャスターとアジャスター機能を一体化した「レベリングキャスター」のラインアップを取り揃えた。

  • 2018-10-25(商経機械新聞2018年10月25日号 14面掲載)

    韓国製キャスター販売 智徳産業と業務提携

    ユーエイ(大阪府東大阪市、社長雄島耕太氏)は、韓国のキャスターメーカー・智徳産業と業務提携し、提携先ブランド「FOOTMASTER」の販売に乗り出した。同ブランドの無人搬送車(AGV)向けキャスターと、キャスターとアジャスター機能を一体化したレベリングキャスターを主に取り扱う。

  • 2018-10-25(日本物流新聞2018年10月25日号 3面掲載)

    韓国メーカーと業務提携 AGVキャスターなどを輸入販売

    ユーエイ(東大阪市、雄島耕太社長)は、韓国のキャスターメーカー、智徳産業と業務提携し、FOOTMASTERブランド製品の輸入販売を始めた。主な取扱製品は無人搬送車(AGV)向け「AGVキャスター」と、キャスターとアジャスター機能を一体化した「レベリングキャスター」。 労働力不足から製造業の生産ラインでAGVの導入が見込まれていることを受け、智徳産業と共同で日本国内の営業活動を行い、欧米を中心に高...

  • 2018-10-22(物流ウィークリー2018年10月22号 6面掲載)

    ユーエイ 智徳産業と業務提携

    ユーエイ(雄島耕太社長、大阪府東大阪市)は11日、韓国のキャスターメーカーである智徳産業と業務提携し、FOOTMASTERブランド製品の輸入販売を開始したと発表。両社は今年6月に契約し、10月から関西工場設備・備品展へ共同出展するなど営業活動を本格化させている。 主な取扱製品として、AGV/無人搬送車(Automated Guide Vehicle)向けの「AGVキャスター」と、キャスターとアジ...

  • 2018-10-20(日本産機新聞2018年10月20日号 16面掲載)

    韓国・智徳産業と連携 AGVキャスターなど販売開始

    ユーエイ(大阪府東大阪市、06・6747・5607)はこのほど、韓国のキャスターメーカー智徳産業の「FOOTMASTER」ブランド製品の販売を始めた。無人搬送車向けやアジャスター機能付きのキャスターなど新分野の製品で、新たな市場を開拓する。 同社は今年6月、智徳産業と日本での販売業務において提携した。今後は、国内の機械工具商社と販売ネットワークを生かすほか、智徳産業と営業活動で連携し、FOOTM...

  • 2018-10-20(伝導機新聞2018年10月号 7面掲載)

    運搬機器の位置確認 発電センサキャスター

    ユーエイ(本社・大阪府東大阪市本庄西1の8の39、社長雄島耕太氏)は、物流現場での困りごとを解決するIoTソリューションとして運搬機器の位置を検知する機能を持ったキャスターを国際物流総合展2018に参考出品、公表を得たが19年中に発売する。

  • 2018-10-17(オートメーション新聞2018年10月17日号 3面掲載)

    幅広い用途で活用 先端技術キャスター3種

    ユーエイ(大阪府東大阪市)は2018年6月から、韓国でのキャスター市場シェア1位を誇るキャスター専業メーカー智徳産業と業務提携し、先進的テクノロジーで開発された「FOOT MASTER」ブランドを日本で販売している。 FOOT MASTERは、レベリング、AGV向け、高荷重向けの3種類をラインアップした高機能キャスター。 レベリングキャスターは、アジャスターと一体型のキャスターで、移動と固定の...

  • 2018-10-15(物流機械新聞2018年10月15日号 3面掲載)

    発電・センサキャスター新開発

    (株)ユーエイは、物流現場でのお困りごとを解決するIoTソリューションとして運搬機器の位置を検知する機能をもつ「発電・センサキャスター」を新開発し、先日行われた「国際物流総合展」に参考出品し来場者から好評を得た。

  • 2018-10-15(物流機械新聞2018年10月15日号 3面掲載)

    智徳産業(韓国)と業務提携

    AGVキャスター、レベリングキャスターの輸入販売を開始 (株)ユーエイは11日、韓国のキャスターメーカー・智徳産業と業務提携し「FOOTMASTER(フットマスター)」ブランド製品の輸入販売を開始した。主な取扱製品はSGV(無人搬送車)向けの「AGVキャスター」と、キャスターとアジャスター機能を一体化した「レベリングキャスター」のラインアップを取り揃えた。

  • 2018-10-08(物流ウィークリー2018年10月8号 3面掲載)

    一押し製品をPR ユーエイ 関西工場設備・備品展

    キャスターの専門メーカー・ユーエイ(雄島耕太社長、大阪府東大阪市)は3日から5日の3日間、インテックス大阪で開催された関西ものづくりワールド2018内の「第3回関西工場設備・備品展」に出展。来場者に一押し製品をPRした。

  • 2018-09-27(商経機械新聞2018年9月27日号 4面掲載)

    自動化、効率化を提案、アピール

    「国際物流総合展2018」7万4000人超え来場 11日~14日の4日間、アジア最大級の物流・ロジスティクスに関する専門店「国際物流総合展2018」が東京ビッグサイトで開催された。 今回は「ロジスティクスの今を知り未来に触れる」をテーマに、479社2435小間の主って規模で、最新の物流搬送機器、ロジスティクスシステムの展示が行われ、7万4520人の来場者で賑わった。

  • 2018-09-26(オートメーション新聞 2018年9月26日号 3面掲載)

    段差乗り越えるキャスター開発

    ユーエイキャスター(東大阪市)は、安全でスムーズな物流を実現する「段差乗り越えキャスター」を開発した。 新製品は、物流現場における労働力不足や作業負担の軽減まどを目的に開発され、業界初の約50ミリメートルの段差を乗り越える補助機能を搭載した新機構のキャスター。

  • 2018-09-20(日本産機新聞2018年9月20日号 6面掲載)

    IoTキャスター 稼働状況センサで検知

    ユーエイキャスター(大阪府東大阪市、06・6747・5607)は、内蔵したセンサや通信デバイスによって、運搬台車などの稼働状況や移動した位置を検知できるキャスター「発電・センサキャスター」を開発した。 内蔵したホールセンサと加速度センサで走行距離や速度、稼働状態(走行・停止)、振動による異常を検知しリアルタイムで発信。それらの情報をパソコンなどに集めることで移動した位置や頻度、稼働率を把握できる...

  • 2018-09-20(日本産機新聞2018年9月20日号 5面掲載)

    段差を乗り越えるキャスター

    主な出展製品 物流の効率化をアシストする新開発の段差乗り越えキャスター。 特長・見どころ 段差乗り越えキャスターは、高さ約5㎝までの段差を簡単に乗り越えることができる新機構を搭載した。主輪(後輪)に与える力を副輪(前輪)が路面を押す力に変換するリンクカム機構により、スムーズに段差を乗り越えることができる。

  • 2018-09-12(オートメーション新聞2018年9月12日号 3面掲載)

    バッテリーレスで機器検知 新開発の発電・センサキャスター

    ユーエイキャスター(東大阪市)は、バッテリーレスで運搬機器の位置を検知する「発電・センサキャスター」を開発した。 新開発の発電・センサキャスターは、走行時の回転によって発電するエナジーハーベスティング技術(環境発電技術)を採用しており、電池交換も不要なバッテリーレス構造。電磁誘導コイルとマグネットを利用して、キャスターの回転によって電気をつくりだす仕組みになっている。

  • 2018-09-12(オートメーション新聞2018年9月12日号 1面掲載)

    ユーエイキャスター O.T.ファテックと合併

    産業用キャスターメーカーのユーエイキャスター(東大阪市、雄島耕太社長)は、関連会社で、工作機械及び工具の卸売会社O.T.ファテック(東大阪市、雄島大貴代表取締役)を10月1日付で吸収合併し、社名を「ユーエイ」(東大阪市本庄西1-8-39、雄島大貴会長、雄島耕太社長、資本金8300万円)に変更する。 ユーエイキャスターは、1977年にO.T.ファテックからメーカー部門を新設するために設立。

  • 2018-09-10(物流ウィークリー2018年9月10日号 7面掲載)

    運搬機器の位置把握 発電・センサキャスター

    ユーエイキャスター(雄島耕太社長、大阪府東大阪市)は物流現場での困りごとを解決するIoTソリューションとして、運搬機器の位置を検知する機能を搭載したキャスターを国際物流総合展2018に参考出品する。 「発電・センサキャスター」は、走行時の回転によって発電するエナジーハーベスティング技術(環境発電技術)を採用し、電池交換も不要なバッテリーレス構造となっている。

  • 2018-09-10(日本物流新聞2018年9月10日号 5面掲載)

    位置検出するキャスター開発

    ユーエイキャスター(東大阪市、関連会社の合併により10月1日付でユーエイに商号変更)は位置を検出する機能をもったキャスター「発電・センサキャスター」を開発した。9月11~14日に東京ビッグサイトで開かれる国際物流総合展に参考出品する。 このキャスター走行時の回転によって発電するエナジーハーベスティング技術(環境発電技術)を採用したバッテリーレス構造。

  • 2018-09-07(電波新聞 2018年9月7日号 6面掲載)

    運搬機器の位置を検知 ユーエイキャスターが新製品

    キャスタ及び関連機器の開発・製造・販売などを手がけるユーエイキャスター(大阪府東大阪市、雄島耕太社長)は、物流現場でのIoTソリューションの一環として、運搬機器の位置を検知する機能を持ったキャスタを開発、国際物流総合展2018(11-14日)に参考出品する。 新製品の「発電・センサキャスター」は、キャスタメーカーでは業界初の発電・通信機能を持たせたもので、発売は19年度中を予定している。販売目標...

企業ニュース

  • 2018-10-15(物流ウィークリー2018年10月15号 3面掲載)

    キャスター以外にも挑戦 ユーエイ O.T.ファテックを合併

    ユーエイキャスター(雄島耕太社長、大阪府東大阪市)は、10月にユーエイキャスターを存続会社として、関連会社であるO.T.ファテックを合併し、「ユーエイ」に商号を変更した。新社名の狙いや今後の展開について雄島社長に聞いた。 産業用キャスター製造会社であるユーエイキャスターと、工作機械及び工具の卸会社であるO.T.ファテックを統合し、経営管理体制を一元化することにより、経営資源の有効活用をさらに進め...

  • 2018-10-15(物流機械新聞2018年10月15日号 3面掲載)

    10月1日より「株式会社ユーエイ」に

    (株)ユーエイキャスター(本社=大阪府東大阪市、雄島耕太代表取締役)は関連会社の「O.T.ファテック(株)」を吸収合併し、10月1日から「株式会社ユーエイ」に商号を変更した。 今回の合併で経営の効率化を図り、より一層の社業の発展を目指すことにしている。

  • 2018-08-20(日本産機新聞2018年8月20日号 1面掲載)

    O.T.ファテックを合併 10月、ユーエイに

    産業用キャスターメーカーのユーエイキャスター(大阪府東大阪市、06・6747・5607)は、関連会社で機械工具商社のO.T.ファテック(東大阪市)を10月1日、吸収合併する。同日付で社名をユーエイに変更する。 グループ2社の経営管理体制を一元化することで経営資源を有効活用し収益構造を強化する。

  • 2018-07-15(物流機械新聞2018年7月15日号 2面掲載)

    10月1日にO.T.ファテックと合併

    ㈱ユーエイキャスター(大阪府東大阪市、雄島耕太代表取締役社長)は10月1日、O.T.ファテック㈱(大阪府東大阪市、雄島大貴代表取締役社長)と合併、社名も「株式会社ユーエイ」と改称し、事業を拡大するとともに製品音充実とサービスの向上を進めていくことにしている。

  • 2018-07-12(商経機械新聞2018年7月12日号 5面掲載)

    「ユーエイ」に社名変更

    キャスター専門メーカー、ユーエイキャスター(社長雄島耕太氏)は、関連会社で工作機械や工具などの販売商社のO.T.ファテック(社長雄島大貴氏)と10月1日付きで合併し、「㈱ユーエイ」としてスタートする。 ユーエイキャスターを存続会社とし、本社は合併両社の現本社(大阪府東大阪市本庄西1の8の39)に置く。

  • 2018-06-05(日本産機新聞2018年6月5日号 2面掲載)

    蘇州工場に新棟 生産再編、供給力を強化

    ユーエイキャスター(大阪府東大阪市、06・6747・5607)は、産業用キャスターを生産する中国・江蘇省の蘇州工場に新棟を建設する。2019年に完成し20年にも稼働する。現地生産による商品供給力を強化し、中国市場で拡大する物流需要に応える。

  • 2018-05-21(物流ウィークリー2018年5月21日号 5面掲載)

    蘇州工場に新棟増設 ユーエイキャスター供給体制を強化

    ユーエイキャスター(雄島耕太社長、大阪府東大阪市)は、中国・江蘇省の蘇州工場に新棟を増設する。2019年中に建設を完了し、2020年稼働を予定している。現地生産による供給体制強化を図り今後、物流需要が加速する中国市場に向け、生産力の向上と、デリバリーの強化を図ることで、さらに顧客の要望に応えていく。 同社は、中期経営計画における重点経営課題として、「収益力の確保」「生産システムの最適化」および「...

  • 2018-05-20(日本産機新聞2018年5月20日号 5面掲載)

    親しみやすい商品名を

    「どんな商品名にするか考えている」と話すのは、ユーエイキャスターの雄島耕太社長。昨月同時のリンクカム機構で路面段差を簡単に乗り越えるキャスターを発表した。年内の発売に向けて「親しみやすく覚えやすく、愛される名前をつけたい」。 このキャスターは段差が後輪(主輪)に与える力を前輪(副輪)が路面に押す力に変換し5cmまでの段差を乗り越える。段差にあたる衝撃で荷物が落ちたりするのを解消でき、物流会社が使...

  • 2018-05-20(日本産機新聞2018年5月20日号 6面掲載)

    〜機械工具業界で活躍する女性たち〜 要望を瞬時に読み取る

    注文や修理、商品の問い合わせに応えるのがメインの仕事。その殆どは電話での対応。相手の表情は分からない。心掛けているのは「声のトーンから瞬時に要望を読み取ること」。 一瞬で察知できるのには理由がある。今年で入社14年目、電話対応のスタッフ4人で一番のベテラン。 「約3全種類のキャスターの情報は全て頭の中にある」。 商品を探す人には性能を早く正確に。納期を急ぐ人には工場に頼んでもらう。

  • 2018-05-15(物流機械新聞2018年5月15日号 8面掲載)

    中国・蘇州工場を増設 ユーエイキャスター 生産能力は年間15億円に 上海工場から生産を完全移管

    (株)ユーエイキャスター(大阪府東大阪市、雄島耕太代表取締役社長)は中国での物流環境の変化に対応するため、江蘇省の蘇州工場に新棟を増設する。2019年中に建設を完了し、2020年(4月から)稼働を予定している。 同社はグループ全体で中期経営計画における重点経営課題として「収益力の確保」、「生産システムの最適化」、「海外販売の強化」に取り組んでいる。これまで国内3工場(奈良池沢工場、奈良額田部工場...

  • 2018-05-10(商経機械新聞2018年5月10日号 5面掲載)

    中国蘇州工場を増設 生産能力を2.5倍に拡大

    ユーエイキャスター(本社・大阪府東大阪市、社長雄島耕太氏)は、中国江蘇省の蘇州工場に新棟を建設する。19年中に建設を終え、20年4月の稼働を目指す。現地生産による供給体制強化を図り、物流需要が加速する中国市場に向け、生産力向上とデリバリー強化を図る。 同社ではこれまで国内3工場(奈良池沢、奈良額田部、福岡)と海外2工場(蘇州、上海)で生産を行なってきたが、グループの生産体制最適化に加え、海外市場...

  • 2018-03-08(商経機械新聞2018年3月8日 7面掲載)

    関東工場が完成稼働 納期短縮、物流コスト低減

    ユーエイキャスター(大阪府東大阪市、社長雄島耕太氏)は、埼玉県飯能市に新たな生産拠点・関東工場を建設した。 今後関東以北には同工場から供給する体制をとり、従来の生産拠点とともに災害時のリスクを分散。合わせて納期短縮や物流コストの低減を図り、顧客対応力の向上を進める。本格稼働は4月の予定。 同社が持つ生産拠点はこれまで奈良池沢、奈良額田部郡、福岡の国内3工場、中国の蘇州、上海の2工場。これらで受...

  • 2018-02-26(物流ウィークリー2018年2月26日号 1面掲載)

    躍進する女性陣 はっきりした性格と高い語学力

    ユーエイキャスター(雄島耕太社長、大阪府東大阪市)の海外営業課に昨年入社した片山みづきさん。高校時代から中国語に親しみ、大学では中国に留学するなど海外を相手に働くことを目指していた。直属の上司である開田真人セクションヘッドは「課内に新しい風を吹かせ、雰囲気を変えてくれる存在になっている」と評価する。 高校在学中、北京オリンピック開催前ということもあり、授業で中国語を選択。すぐに中国語に

  • 2018-01-01(物流ウィークリー2018年1月1日号 7面掲載)

    ブランド価値高める年に

    ユーエイキャスター「日本の品質」海外へ発信 約6000種類のキャスターを扱うメーカーであるユーエイキャスター(雄島耕太社長、大阪府東大阪市)は、新製品のリリースや関東工場の完成など、おおきな変化のあった1年を終えた。海外展開も順調に軌道に乗る同社の今後の展開について、雄島社長と海外営業課の開田真人セクションヘッドに聞いた。 他のメーカーに比べ、オーダーメイド品が約7割と多数を占める同社は、海外...

年別アーカイブ
2018年
2017年